引き出物とは

一周忌のお返しに使われる


  • 一周忌のお返しは「引き出物」と呼ばれます。 結婚式などの慶事でよく耳にする「引き出物」ですが、近年では法事などの粗供養で使用されるお返しも「引き出物」と呼ばれています。一昔前までは、お膳として振る舞われる料理の一部を包み、持ち帰っていただくのが常とされていました。しかし現在では、衛生面を考慮し料理とは別に引き出物をお渡しするのが主流です。 香典返しとの違いは、香典とは故人様がお亡くなりになってから七七日(四十九日忌中)までにいただいた金品を指し、そのお返しが「香典返し」です。一方で、七七日を過ぎた仏様へお供えされたものに対するお返しは、「引き出物」としてお渡しするのがマナーとされています。


    ダウンロード (3)
  • 一周忌のお返しの選び方として 一周忌の引き出物では、香典返しのマナーと同じように「消え物」を選ぶ方が多いです。消え物とは、使うことで消えてなくなる食べ物や洗剤などの消耗品のことです。不祝儀を残してはいけないという考え方から、消え物のような消耗品が最適との声も多くあります。 実は、引き出物に「後に残るものを選んではいけない」という決まりごとはありません。そのため、地域によっては食器などをお渡しするケースも珍しくありません。しかし引き出物は、食器や石鹸・ボトル入りの洗剤などかさ張ったり重かったりするものより、軽くて持ち運びやすい品物の方が、参列者に親切な印象を与えます。近年では、受け取った方が欲しいものを自由に選択できるカタログギフトや、タオル・お茶・お菓子などがよく選ばれています。また、故人様が好きだったものを記念品としてお渡しすることも多いです。ただし、殺生を連想させる魚や肉のほか、語呂合わせとして「よろこぶ」と読み取れてしまう昆布は避けるのが無難です。しかし、これらが掲載されているカタログに関しては、その場でお渡しするものとは違い、後から参列者に選んでもらうものなので特に問題ないとされています。引き出物の定番としては、和菓子・洋菓子・調味料です。そのほかにも、長期保存が可能な乾麺や海苔も喜ばれることが多いのでおすすめです。お返しにかける費用は、参列者がお持ちいただくお供えの半返しがこの地域では主流で別に食事が出る場合はその食事代を差し引いた5割程度の金額と考えて頂ければ大丈夫です。ただし、故人様とご縁の深い親族や、思い入れの強い知人などがいらっしゃる場合は高価なお供え物を頂くこともあるはずです。その場合には、頂いた金額に見合った引き出物をお渡しします。また、食事などお膳を出さない予定の場合は、お持ち帰り用の酒と折り詰めを用意し、引き出物とともにお渡しするのが良いとされています。

    ダウンロード (4)
お急ぎの場合は電話窓口まで、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 24時間営業

Access


有限会社サシキン葬祭

住所

〒507-0027

岐阜県多治見市上野町3丁目110番地

Google MAPで確認する
電話番号

0120-34-0683

0120-34-0683

FAX番号 0572-24-5559
営業時間

24時間営業

定休日 なし
備考

完全個室、斎場フロア内バリアフリー

式場最大150席、駐車場あり

最寄りの施設

JR多治見駅から徒歩15分

本社住所

〒507-0821

岐阜県多治見市窯町21番地2

営業所住所

〒507-0812

岐阜県多治見市下沢町4丁目26番地6

店舗詳細
店舗詳細を見る
地域にお住まいの方々に、大切な方の旅立ちに相応しい後悔の無いお見送りを行っていただけるよう、一人ひとりに寄り添った対応でご要望やお悩みにお応えしております。ご不幸の際のサポートはもちろん、事前準備やアフターフォローなども手掛け、ご遺族様の気持ちを汲み取ってお手伝いをしてまいります。

Contact

お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

    Related

    関連記事